離党声明 〜「立志・独立」遠心力から求心力へ〜

私、酒井大史は、本日、長島昭久代議士と政治行動を共にするため、松原仁都連会長に離党届を提出して参りました。

 

4月10日、一人の政治家として独立を宣言し、民進党へ離党届を提出した長島代議士に対し、民進党執行部は間髪入れずに除籍・議員辞職勧告の方針を示し、図らずも本日、除籍が決定されるものと聞いております。

 

長島代議士は、「真の保守」について、我が国の歴史と伝統を貫く「寛容の精神」を体現したものとしています。

日本の伝統は、相反する意見にも耳を傾け、寛容の精神を持って、「熟議し収斂していく」ことだと私は考えます。まさに今、政治に求められていることです。

 

しかしながら現在の民進党執行部は蓮舫代表の二重国籍問題にけじめをつけないどころか、敵失のみに執着し、目指すべき国家像も示しきれず、政権交代を目指していた民主党時代の気概を失ってしまったことに、現在の党勢が顕著に表れているものと考えます。

また、昨年の都知事選挙では、現場で活動する議員に思いを寄せてくれる数少ない国会議員として敬愛する松原都連会長の頭越しに候補者を決定するなど、地方組織・議員の意思を顧みない体質にも憤りを感じております。

 

以上2点を踏まえ、「寛容の精神」が微塵も無く、自らの党運営を省みることもない現執行体制の下で、党籍を残したまま長島代議士と政治行動を共にすることはできないとの思いから離党の決意を致しました。

 

「長島代議士と政治行動を共にする」という、私の思いに民進党東京都第21区総支部(日野・立川・昭島)内全ての議員が賛意を示してくれました。

本日までに後援組織の手続きを終え、個々の市議会議員が政治決断をし、私に託した離党届も合わせて提出致しました。

 

私たちの行動は、決して民進党で活動を続けている議員を否定するものではありません。また元来民主党が目指していた社会を希求していくことに変わりもありません。故に現在の民進党執行部の有り様は残念でなりません。

 

遠心力から求心力へ、私たちは求心力を持った長島昭久代議士を中心に、トップダウンではなく、同心円上で、国政・都政・市政それぞれの役割において「志を立てた」同志として,本日決起したものであります。

平成29年4月25日

東京都議会議員 酒井 大史

本日14時に都庁記者クラブにて記者会見を行い、上記声明をお伝えしました。

 

本日の記者会見に臨んだのは下記の議員です。

日野市議会議員

菅原 直志、鈴木 勝豊

立川市議会議員

梅田 春生、松本 マキ

昭島市議会議員

小林 こうじ

「離党へ」新聞報道等について (特にマスコミの皆様へ)

昨日朝、民進党に離党届を提出(結果としては除名処分)した長島代議士と朝街頭を行ったのち、私の思いをブログ・FBにアップしましたが、それを受け、「民進、都議団幹部も離党へ」とのタイトル記事が朝日新聞に掲載されました。記事中、「17年間、同志として地元で歩んできた長島氏とこれからも行動を共にするために離党する」と記載されていましたが、「離党する」とは私の思いをかなり忖度しすぎた先走ったものです・・・おかげさまで、関係者への説明に追われる羽目になりました。

現状は、ブログに記した通り「私の思いは17年間同志として地元で歩んできた長島代議士と共にあります。
除名覚悟で、代議士と政治行動を共にするべく、関係者と協議し準備を進めて参ります。」ということで、あくまでも準備を進めている段階であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

またこの記事を受けて、今朝からマスコミ各社の取材攻勢に見舞われました。

ちなみにフジテレビのニュースは報道コメント自体は誠実ですが、使われた映像は多分都議会100条委員会がらみでぶら下がり取材を受けた際に私がコメントした場面で、今回の案件とは無関係の映像です。録画取材等は受けていないので、誤解を招く使われ方には違和感を感じています。でも記事に「いいね!」が4.9万ついているのにはビックリしました。

いずれにしても、ご注目をいただけるのは大変光栄ですが、親しくさせていただいている記者の方にはお伝えしている通り、報道機関の皆様にご報告ができる段階になりましたら、自分の行動と考えをしっかりとお伝えしますので、準備が整うまでお見守りいただければと存じます。

なお、私事ですが、明日、息子の手術があり(命に別条はありませんのでご心配なく、全身麻酔がちょっと心配ですが・・・)、今日から入院しているので、今週中の離党はありませんので、ノーマークでお願いします。

豊洲市場問題 TBS「あさチャン!」インタビュー

今朝、TBS「あさチャン!」で私のインタビューが放映されました。

浜渦元副知事が行った昨日の記者会見を受けてのものです。

現在、都議会の100条委員会では、豊洲市場問題の真相解明とともに、これまでの証人尋問において、証人間の証言に相違があるため、偽証の可能性を検証する準備を進めています。

本日午後1時からは、100条委員会ではない、豊洲市場移転問題特別委員会が行われ、市場問題プロジェクトチームでの会議結果等の報告が行われ、その後夕方には100条委員会の正副委員長など各会派代表者会も行われる予定です。

長島代議士と共に

昨日、民進党に離党届を提出し独立宣言をした長島代議士と共に立川駅北口にて街頭演説を行いました。
多くの皆様から激励を受けました。
一方、民進党執行部は除名(除籍)をするとか、議員辞職勧告をするとか、寛容の精神の微塵もなく、自らを省みることもない、小池知事に対する自民党の対応と比べ余裕すらないことに失望し、怒りすら覚えます。

中庸の欠片もありません。
私の思いは17年間同志として地元で歩んできた長島代議士と共にあります。
除名覚悟で、代議士と政治行動を共にするべく、関係者と協議し準備を進めて参ります。

南砂小学校 スクールゾーン供用開始

自治会、子ども会やPTAなど地域の皆様のご要望をいただき、警視庁にお願いし実現した南砂小学校通学路のスクールゾーンが、本日7:30から供用開始し規制が始まりました。

子ども達が交通事故にあわないよう、心から願っています。