「離党へ」新聞報道等について (特にマスコミの皆様へ)

昨日朝、民進党に離党届を提出(結果としては除名処分)した長島代議士と朝街頭を行ったのち、私の思いをブログ・FBにアップしましたが、それを受け、「民進、都議団幹部も離党へ」とのタイトル記事が朝日新聞に掲載されました。記事中、「17年間、同志として地元で歩んできた長島氏とこれからも行動を共にするために離党する」と記載されていましたが、「離党する」とは私の思いをかなり忖度しすぎた先走ったものです・・・おかげさまで、関係者への説明に追われる羽目になりました。

現状は、ブログに記した通り「私の思いは17年間同志として地元で歩んできた長島代議士と共にあります。
除名覚悟で、代議士と政治行動を共にするべく、関係者と協議し準備を進めて参ります。」ということで、あくまでも準備を進めている段階であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

またこの記事を受けて、今朝からマスコミ各社の取材攻勢に見舞われました。

ちなみにフジテレビのニュースは報道コメント自体は誠実ですが、使われた映像は多分都議会100条委員会がらみでぶら下がり取材を受けた際に私がコメントした場面で、今回の案件とは無関係の映像です。録画取材等は受けていないので、誤解を招く使われ方には違和感を感じています。でも記事に「いいね!」が4.9万ついているのにはビックリしました。

いずれにしても、ご注目をいただけるのは大変光栄ですが、親しくさせていただいている記者の方にはお伝えしている通り、報道機関の皆様にご報告ができる段階になりましたら、自分の行動と考えをしっかりとお伝えしますので、準備が整うまでお見守りいただければと存じます。

なお、私事ですが、明日、息子の手術があり(命に別条はありませんのでご心配なく、全身麻酔がちょっと心配ですが・・・)、今日から入院しているので、今週中の離党はありませんので、ノーマークでお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です