離党声明 〜「立志・独立」遠心力から求心力へ〜

私、酒井大史は、本日、長島昭久代議士と政治行動を共にするため、松原仁都連会長に離党届を提出して参りました。

 

4月10日、一人の政治家として独立を宣言し、民進党へ離党届を提出した長島代議士に対し、民進党執行部は間髪入れずに除籍・議員辞職勧告の方針を示し、図らずも本日、除籍が決定されるものと聞いております。

 

長島代議士は、「真の保守」について、我が国の歴史と伝統を貫く「寛容の精神」を体現したものとしています。

日本の伝統は、相反する意見にも耳を傾け、寛容の精神を持って、「熟議し収斂していく」ことだと私は考えます。まさに今、政治に求められていることです。

 

しかしながら現在の民進党執行部は蓮舫代表の二重国籍問題にけじめをつけないどころか、敵失のみに執着し、目指すべき国家像も示しきれず、政権交代を目指していた民主党時代の気概を失ってしまったことに、現在の党勢が顕著に表れているものと考えます。

また、昨年の都知事選挙では、現場で活動する議員に思いを寄せてくれる数少ない国会議員として敬愛する松原都連会長の頭越しに候補者を決定するなど、地方組織・議員の意思を顧みない体質にも憤りを感じております。

 

以上2点を踏まえ、「寛容の精神」が微塵も無く、自らの党運営を省みることもない現執行体制の下で、党籍を残したまま長島代議士と政治行動を共にすることはできないとの思いから離党の決意を致しました。

 

「長島代議士と政治行動を共にする」という、私の思いに民進党東京都第21区総支部(日野・立川・昭島)内全ての議員が賛意を示してくれました。

本日までに後援組織の手続きを終え、個々の市議会議員が政治決断をし、私に託した離党届も合わせて提出致しました。

 

私たちの行動は、決して民進党で活動を続けている議員を否定するものではありません。また元来民主党が目指していた社会を希求していくことに変わりもありません。故に現在の民進党執行部の有り様は残念でなりません。

 

遠心力から求心力へ、私たちは求心力を持った長島昭久代議士を中心に、トップダウンではなく、同心円上で、国政・都政・市政それぞれの役割において「志を立てた」同志として,本日決起したものであります。

平成29年4月25日

東京都議会議員 酒井 大史

本日14時に都庁記者クラブにて記者会見を行い、上記声明をお伝えしました。

 

本日の記者会見に臨んだのは下記の議員です。

日野市議会議員

菅原 直志、鈴木 勝豊

立川市議会議員

梅田 春生、松本 マキ

昭島市議会議員

小林 こうじ

離党声明 〜「立志・独立」遠心力から求心力へ〜」への2件のフィードバック

  1. 私も過去民主党を支持してきました。
    あの3年3カ月の政権運営に嫌気がさし。
    支持はやめました。
    あなた方の今後のご活躍を期待します。
    頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です